Web Analytics Made Easy - StatCounter

【工業高校は誰でも簡単に就職できます!】現役工業高校生が体験をもとに現実をお伝えします!


スポンサーリンク
 
◆この記事はこんな方におすすめ◆
・中学生で高校に進学する方
・工業高校に興味がある方
・高卒で就職をしたい方

誰でも簡単に就職出来るの?

もちろんじゃ!

勉強をしなくても?

最低限の学力さえあれば大丈夫じゃ

 なぜ誰でも就職できるのか?

簡単に理由は3つです。

  1. 学校と企業との繋がりがある
  2. 面接だけの企業もある
  3. 資格を取得できる

①学校と企業の繋がりがある

高校では企業側が求人票を高校に持っていきます。

なので企業側も求人票を出してその高校から就職希望者がいれば次の年も求人票を出してくれる場合がほとんどです。

工業高校は進学校と違い基本的に就職希望者が集まるので求人票も進学校よりも多いです。

企業からも信頼されていると言うじゃ!

②面接だけの企業がある

就職試験は様々な選考方法があります。

  • 面接
  • 学科試験(国・数・英)
  • 適性検査
  • 一般常識
  • その他(プラモデル製作・クレペリン精神検査など)

これほどあります。

特に大手企業になるほど選考方法も多種になるので難しくなります。

特に学科試験や一般常識は知識の勝負になるので勉強が苦手な方は難易度も高くなります。

ですが中小企業では面接試験だけや面接・適正検査のみの企業があります。

学力は関係ないのが良いね!

③資格を取得できる

工業高校では多くの資格を取得できます。

資格取得って難しくないの?

結論から言うと簡単に取れる資格もあります!

個人的に取得が簡単な資格とは?

  • ガス・アーク溶接
  • 計算技術検定
  • 小型建機

他にもあると思いますが自分が把握できているのはこのくらいです。

資格によっては話を聞いているだけで取得できるものもあります。

そんな資格って簡単に取得できるんだ…

 スポンサーリンク

 

就職に必要なこととは?

必要なことは3つあります。

  1. 欠席・遅刻・早退をしない
  2. 評定
  3. コミュニケーション能力

①欠席・遅刻・早退をしない

欠席などはかなり進路に響きます。

あまりにも多いと選考試験すら受けさせてくれない企業もあります。

もちろん遅刻や早退も同じです。

だいたいの目安としては欠席は5日以内とされています。

企業からすると仕事を休まれると困るからね。

②評定

結局は学力かよ!と思った方。

評定を上げろとは言いません。

あくまで最低限の評定は必要ということです。

例えば5段階評価だとしたら3は取りましょう。

そして1は取らないようにしてください。

難しいことではないと思います。

テストだけ頑張ればいいのね!

③コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は重要なの?

とても重要です!

大切な理由は

  • 面接試験がある
  • たくさんの先生と仲良くなり企業の情報を入手
  • 就職後も役立つ

社会人になっても必要だからね!

出来るだけ人と話すことになれとくのじゃ

まとめ

学力以外にも必要なことがたくさんあるんだね

人としてしっかりと最低限のことをできればいいのじゃ

なるほど!

是非参考にしてほしいじゃ!